Fandom

コナミ Wiki

GTI CLUB

297このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
GTI CLUB
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケードゲーム [AC]
開発元 コナミ (→ コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ (→ コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1-4人
稼働時期 1996年
  
GTI Club+ ラリー コートダジュール
ジャンル レースゲーム
対応機種 プレイステーション3
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1人(オフライン)
2 - 8人(オンライン)
メディア ダウンロード販売
発売日 [[image:テンプレート:Country flag alias EU|border|25x20px|テンプレート:Country alias EUの旗]]2008年12月4日
アメリカ合衆国の旗2009年1月15日
日本の旗2010年2月25日
価格 1,500円(税込)
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 PlayStation Network対応
  

GTI CLUB』は、1996年に当時のコナミ2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテイメントに移行)によって開発・販売されたレースゲームである。PowerPCをベースにしたシステム上で製作された。後継機は、GTI Club コルソイタリアーノGTI Club supermini Festa!

2008年にはプレイステーション3用ソフト『GTI Club+ ラリー コートダジュール』(GTI Club+: Rally Côte d'Azur)としてリメイク移植された(日本版発売は2010年)。

「レースモード」と「対戦鬼ごっこモード」の2つのゲームモードが存在する。

概要 編集

レースモード 編集

プレイヤーはミニ クーパールノー・5ターボなど5台(加速性の高いブガッティ・EB110のみコマンド入力、または規定数のコインを入れるかで出現する)の中から1台を選び、コート・ダジュールの市街地ラリーレースを行う。レースはCPU専用車の4台を含め計8台で行われる。コースの随所にはチェックポイントがあり、タイムが0になる前に各チェックポイントにたどり着く必要がある。到着前にタイムが0になるとその時点でゲームオーバーとなる。

本作にはレベル選択が存在し、初級では決められたコースしか走れないが、上級・超上級では近道を探して規定コースよりも早くゴールしたり、必要に応じて逆走したりすることもできた。またレースゲームとしては初めてサイドブレーキが導入され、これを用いてクイックターンなども可能だった(2001年の続編GTICLUB2コルソイタリアーノにもサイドブレーキが導入されている)。

対戦鬼ごっこモード 編集

2人以上の対戦専用で、CPUとの1人プレイはできない。ゲームがスタートするとプレイヤーの中の1人に爆弾が付き、そのプレイヤーは爆弾を他のプレイヤー車に体当たりして押し付ける必要がある。制限時間終了時に爆弾を持っていたプレイヤーが負けとなる。

なおこのモードではレースモードよりもやや視点が高い画面でのプレイとなる。

GTI Club+ ラリー コートダジュール 編集

プレイステーション3用ソフトとしてダウンロード販売開始された『GTI CLUB』のリメイク版。HD化やドルビーデジタル5.1chサラウンド、オンライン対戦に対応しているほか、DLC(追加CarPack)で『GTI Club supermini Festa!』相当の車種数となる。

外部リンク 編集


テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki