Fandom

コナミ Wiki

12人の優しい殺し屋

297このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

12人の優しい殺し屋』(じゅうににんのやさしいころしや)は、コナミデジタルエンタテインメントのコンテンツ。

また、それを原作とする漫画小説舞台ドラマCDのことでもある。

概要 編集

テンプレート:節stub

あらすじ 編集

法で裁けぬ悪を断罪する「ペルソナXII(トゥエルブ)」。彼らが主人公の『12人の優しい殺し屋』は、星の導きにより一人の占い師の元に集った12人の男たちの物語である。 俳優、料理人、刑事、漫画家、ホスト、会社員、メイクアップアーティスト、精神科医、詩人、弁護士、カメラマン、美容師など…仕事、年齢いっさい重ならない男たちの共通点はただ一つ。自身に守護星座のタトゥーを施した超一流の殺し屋「ペルソナXII」であること。男達はお互いの素性ついて何も知らない。</BR> 占い師・真宮陽介の依頼を受け、複雑に張り巡らされながらも決して絡み合うことのない12本の運命の糸は導かれる。物語の結末には果たしてどのような紋様が織り上がるのか。そして今回のターゲットは――。

登場人物 編集

  • 真宮陽介
  • 角坂翔
  • 天野隼人
  • 武内直樹
  • 醍醐小太郎
  • 宗像健一
  • 飛鳥勇気
  • 白神彰
  • 対馬剣司
  • 斑鳩公平
  • 葛葉涼
  • 日下部春流
  • 愛染良彦

舞台 編集

テンプレート:節stub

キャラクターデザイン 編集

学園ヘブン』等の氷栗優がメインビジュアルを担当している。

漫画 編集

テンプレート:漫画

  • 黒×羊 ~12人の優しい殺し屋~』(くろ ひつじ じゅうににんのやさしいころしや)

 『月刊!スピリッツ』2009年10月号より2011年11月号まで連載。作画は木根ヲサム。2011年3月現在、単行本は6巻まで刊行されている。

  • 『12人の優しい殺し屋〜PERSONA OF CANCER〜』

 『月刊コミックフラッパー』(メディアファクトリー)にて掲載。作画は阿久田ミチ。全1巻。

  • 『12人の優しい殺し屋〜ライブラ:黒き審判〜』

 『月刊プリンセス』(秋田書店)にて連載。作画は藤枝とおる。全2巻

  • 『12人の優しい殺し屋―LEO MURDER CASE―』

 『月刊コミックブレイドアヴァルス』(マッグガーデン)にて掲載。作画は高橋燎央。全2巻。

小説 編集

テンプレート:ライトノベル

  • 『12人の優しい殺し屋-第1期ショートノベル-』
  • 『12人の優しい殺し屋-第2期ショートノベル-』
  • 『12人の優しい殺し屋-第3期ショートノベル-』
  • 『12人の優しい殺し屋-第4期ショートノベル-』

 『電子書籍パピレス』『電子貸本レンタ』販売。著者はエルスウェア

  • 『12人の優しい殺し屋 GrandTrineStories -Sagittarius Edition-』
  • 『12人の優しい殺し屋 GrandTrineStories -Aquarius Edition-』

 『電子書籍パピレス』『電子貸本レンタ』販売。著者は猫西ハナ

  • 『12人の優しい殺し屋 -ZODIAC STORIES-』2008年8月発売
  • 『12人の優しい殺し屋 -ZODIAC STORIES Ⅱ-』2009年4月発売

 『B's-LOG文庫』刊行。著者は12×男(小島プロダクション)。イラストはキャラクターデザインの氷栗優。</BR>

ロマンアルバム

  • 『12人の優しい殺し屋 CROSS BORDER』2009年8月発売

 徳間書店刊。『月刊アニメージュ』誌上より2008年5月号~2009年4月号までの小説連載をまとめたムック。</BR>  著者は駒尾真子氷栗優による新たに描きおろされたイラストを収録し、声優のインタビュー&ドラマCDが付属している。

CD 編集

テンプレート:節stub

ラジオ 編集

詳細は12人の優しい殺し屋 side Rを参照

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:月刊!スピリッツ連載中 テンプレート:リダイレクトの所属カテゴリ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia