FANDOM


迷宮寺院ダババ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ディスクシステム
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1人
メディア ディスクカード(両面)
発売日 1987年5月29日
価格 2980円(税抜)
  

迷宮寺院ダババ』(めいきゅうじいん - )は、コナミ1987年5月29日に発売したファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフト。

物語 編集

太古の昔、インドのパータリプトラ村には邪神ダババを祀る寺院が存在した。しかし、さる高僧がダババを打ち破って村人を邪宗から解放し、ダババ寺院の跡地にスーリヤ寺院を建てて巨大な迷宮の奥深くにダババを封じた経典を隠し、村に平和が戻った。

それから月日は流れ、孤児として棄てられていた所をスーリヤ寺院の老僧ヴィマラに保護されたシヴァはヴィマラの弟子として真面目に修練を重ねていたが、もう1人の弟子ライドンの方は裕福な家庭の出身で修行に臨む態度は不真面目であった。そんなある日、ライドンが修行をさぼって寺院を探索していると厳重に封印が施された経典を発見する。その経典こそ、邪神ダババが封印された経典であった。

ライドンが姿を消して3年が経ち、人々は修行が嫌になって逃げ出したのだろうと噂していた。ところが、その頃から村の若い娘たちが次々と神隠しに遭う事件が発生。そして遂に、ヴィマラの1人娘・ターニャが邪神・ダババの力を手にしたライドンの手下によって連れ去られ、シヴァはターニャの行方を追って経典が封印されていた迷宮に足を踏み入れる。

概要 編集

トップビュー型のアクションゲーム。プレイヤー・敵ともマス目を跳ねるようにして移動する。この際、Aボタンを押しながら移動すると1マス飛び越えて移動する。各ステージのボスを倒すとステージクリアとなる。

エリア1・タキシダーラ湖
呪われた湖。湖畔にあるガリー寺院で待ち受けるボス・大顔仏(だいがんぶつ)は顔面だけで浮遊し、プレイヤーを口に含んで吐き出す攻撃を仕掛けて来る。
エリア2・マラカンド火山帯
火山弾が絶え間なく降り注ぐ危険地帯。ビマラ寺院で待ち受けるボス・魔王カーリア(まおうカーリア)は凶暴な
エリア3・ジャンディアール高原
毒草の生い茂る不気味な草原。ガルダ寺院で待ち受けるボス・餓鬼玉(がきだま)は無数の餓鬼を生み出して攻撃して来る。
エリア4・ダババ寺院
邪神ダババが封じられていた迷宮寺院。ボスはダババの邪悪な力を手にしたライドンと復活した邪神ダババ

関連書籍 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki