Fandom

コナミ Wiki

激突ペナントレース

297このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

激突ペナントレース』(げきとつぺなんとれーす)は、コナミから発売されたMSX2用<メガROMカートリッジ>の野球ゲーム。1988年に『THEプロ野球激突ペナントレース』が、1989年に『激突ペナントレース2』と2作品が発売され、通称はそれぞれ「激ペナ」、「激ペナ2」。

概要 編集

今でも評価の高い野球ゲームでチームエディットで好きなように自分のチームで戦えるのが最大の特徴である。

投球の高低や応援歌やファインプレーの導入など画期的なシステムは後に発売される実況パワフルプロ野球の原点とも言えるテンプレート:要出典

ペナントレースは当時のプロ野球と同じで最大130試合まで行なえる。ただしチーム記録だけで個人成績などは変わらない。

主な特色 編集

  • チームエディットは過熱し、出版社にフロッピーディスクや手書きのチームデータを送って全国大会が行なわれた。当時のMSX専門誌「MSXマガジン」「MSX・FAN」両誌のみならず、竹書房4コマ誌まんがライフオリジナル」でも「ぼのぼのと野球しよう!」という企画名で開催されている。
  • MSX2は、ハードウェア的に縦方向のスクロール機能しか備えておらず、ゆえに「激ペナ」では両翼に打球が飛んだ際に画面が切り替わる方式が採られた。この画面切り替えのため、両翼への打球を取るのに慣れが必要だった。
  • 前述の問題点は「激ペナ2」で解消され、MSX2の野球ゲームでは初の全方向スムーズスクロールとして注目された。但し、「激ペナ」ではSCREEN5を使用し美麗に描き込まれていたグラフィックが、「激ペナ2」では高速な描画が可能なかわりに表現力の劣るSCREEN4を使用した多少チープ感のある画面になってしまった。
  • 「激ペナ」ではSCREEN5を使用しているのに対し、「激ペナ2」では高速な描画が可能なかわりに表現力の劣るSCREEN4を使用しているが、この事はスクロール以外にも両ゲームの差に大きな違いを生んだ。「激ペナ」では1試合あたりの試合時間が30分余りかかっていたが、「激ペナ2」では20分余りに短縮されている。
  • その一方、「激ペナ」では投球が立体的な物になり、ほぼ全方向に投げる事ができたが(高低の投げ分けも可能)、「激ペナ2」では投球が平面的な物に変更され、「プロ野球ファミリースタジアム」に似たような投球になっている(高低の投げ分けが不可能になっている)。
  • 「激ペナ2」では、得点圏にランナーが出ると応援歌に『グラディウス』1面のテーマが、本塁打35本以上の選手が打席に立つと元阪神のランディ・バースのテーマが流れる。
  • 「激ペナ」では、7回になると「ラッキーセブン」としてそれぞれ攻撃側の打力がアップするという演出があった。
  • 「激ペナ2」では、さらに「ラッキーセブン」の演出は強化され、攻撃側の打力強化以外に、それぞれ攻撃側応援団チアガールのダンスが現れるという演出があった。
  • 「激ペナ2」では、「たまごスタジアム」「みどりスタジアム」の2種類の球場が用意された。前者は東京ドームをモデルとしたドーム球場で、後者はグリーンスタジアム神戸をモデルとした屋外球場である。
  • 1・2それぞれ6チームが最初から登録してあるが、実在のプロ野球とはまったく関係ないチームばかりである。
    • KOBE LINES(当時コナミ本社が神戸だった)
    • DARKS(2ではNEO DARKS)
    • FLYERS
    • BRENDS
    • PROGRAMS
    • RIDERS
    など

関連項目 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki