Fandom

コナミ Wiki

新入社員とおるくん

297このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
新入社員とおるくん
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム,SG-1000
開発元 コナミ
発売元 コナミ [AC]
セガ・エンタープライゼス [SC-1000]
人数 1-2人(交互)
発売日 1984年
  

新入社員とおるくん』(しんにゅうしゃいん- )は、1984年コナミ(後・コナミデジタルエンタテインメント)が開発・販売したアーケードゲームアクションゲームである。後にセガの家庭用ゲーム機SG-1000にも『コナミの新入社員とおるくん』として移植された。

概要 編集

プレイヤーの目的は主人公の「とおるくん」を動かし、恋人の「みゆきちゃん」とのデートのため残業をさぼって会社から抜け出すことである。そのためにはまず「悪山課長」をはじめとする社内の敵キャラクターから逃れつつ、みゆきちゃんのハートを集める必要がある。ハートを一定数集めると部屋の扉の上に「OUT」と表示され開いた状態になり、通路(廊下)に出ることができるようになる。通路に出た後は上に「IN」と書いてある扉に入れば次のステージへ進むことができる。5つのステージをクリアするとみゆきちゃんのところへ行くことができ、1周クリアとなる。その後は2周目となるが、2周目はステージ順が変わり、最初にステージ2、次にステージ1、その後にステージ3となる。また2周目は敵のスピードもアップし、1周目ではなかった動きもする。

  • ステージ1 - オフィス
  • ステージ2 - 更衣室
  • ステージ3 - 食堂
  • ステージ4 - ダンススタジオ
  • ステージ5 - 会社の庭

アメリカでは"Mikie"(マイキー)のタイトルで発売され、設定も「高校生が学校から抜け出す」というものだった。日本国内発売時には設定が変更されたものの、アイテムや背景など随所にその名残も見られる。

またステージBGMにはビートルズの楽曲(ステージ1では『ア・ハード・デイズ・ナイト』、ステージ4では『ツイスト・アンド・シャウト』)が用いられている(JASRACの許諾は取られており、基板及びインストカードに許諾表示がある)。

なおステージ1の黒板に書いてある文字はアーケード版では「目標5万台」、SG-1000版では「突破100万台」なのに対し、"Mikie"では"E=mc²"(アインシュタイン質量とエネルギーの等価性を示す数式)となっており、さらに後述の『ハイスクールグラフィティ』では"Failure Teaches Success"(「失敗は成功の元」)に変更されている。

攻撃方法 編集

プレイヤーが他のキャラに攻撃を行う方法には4種類ある。攻撃が当たった敵は一定時間動けなくなる。

ヘッドバット(頭突き
敵が近付いてきた時にボタンを押すことで可能。
ヒップアタック
座っている社員を椅子から落とすのに使う。社員の方向にレバーを押すことで可能。
アイテム投げ付け
通路にあるボールや肉を取った後、投げ付けることにより行う。
障害物による攻撃
通路の障害物(次で述べる)を利用した攻撃。

敵キャラクター 編集

悪山課長
最終面のステージ5以外に登場し、プレイヤーを追い掛けてくる。ステージ1では他の社員を落として空いた椅子に座ることでもかわせるが、ずっと座っていると何故か怒ってファイルを投げてくる。時々疲れて休むこともある。
社員
ステージ1に登場する。直接攻撃はしてこないが、ハートを取るには椅子から落とす必要がある。ただし、2周目以降からプレイヤーが画面上部にいると一斉に攻撃をしてくる。
掃除屋さん
ステージ2および通路に登場し、モップで行く手を阻む。
コックさん
ステージ3に登場し、肉を投げてくる場合もある。
女性指導員
ステージ4に登場し、こちらが近付いた時のみ追い掛けてくる。
ダンサー
ステージ4に登場する。社員同様直接攻撃はしてこないが、触れると一定時間動きを封じられる。ただし得点も100点入る。2周目以降はプレイヤーが近づくとキックを仕掛けてくる。ミスにはならないが、これも触れると一定時間動きを封じられる。
警備員
ステージ5に登場する。移動は遅いが攻撃を受けても他の敵よりも回復が早い。
パンチ(2周目以降はキック)
通路にて出てきた扉と次のステージへの扉以外の扉を開けると出てくることがある。当たると一定時間動けなくなるが、敵に当てることもできる。

アイテム 編集

ハート
これを集めることで部屋の扉が開く。取ると通常は200点入るが、大きくなった(光った時)に取ると1000点入る。全て大きい時に取るとさらにパーフェクトボーナスも入る。
弁当・ハンバーガー
弁当は通路にあり、ハンバーガーはシャッターを開けると出てくる。いずれも1000点の得点となる。
ボール・肉
取った後敵に投げ付けることができる。
女性
扉を開けるとたまに現れる。出すと5000点ボーナスとなる。

ハイスクール・グラフィティ 編集

本作のマイナーチェンジ版『ハイスクール・グラフィティ』は多少暴力表現が抑えられており、例えば主人公の攻撃はヘッドバットではなく声でしびれさせるようになっている。また主人公がやられた時のアニメーションも死を連想させるものから床に伏せ泣きながら懺悔するというものになった。またステージ2などにおいてオリジナルでは魔法瓶の中のハートを取るために3回頭突きをする必要があったが、『ハイスクール -』では3枚のハートの束になっている。

関連項目 編集

外部リンク 編集


テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia