Fandom

コナミ Wiki

プーヤン

297このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

プーヤンは、1982年コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)より発売されたアーケードゲーム。さらわれた子ブタのプーヤンを助けるため、襲い来るオオカミたちを母ブタが弓矢で打ち落とす童話風のシューティングゲームである。

かわいらしいキャラクターと、それに似合わぬ高度なゲーム性が人気を呼んだ。 ゲームスタート時には『森のくまさん』、一部のステージには『ユーモレスク Op.101 No.7』の曲が流れる。

ゲーム内容 編集

ステージのパターンは以下の三種類。プレイヤーである母親は画面の右端で上下に移動するゴンドラに乗っている。

  1. オオカミが風船の浮力で上から降下し、その風船を弓矢で撃つ。オオカミが地上に降りてしまうと、ゴンドラの後ろの梯子にオオカミが(最大4匹)出現し、時折噛み付いてくるため動ける範囲が狭くなる。
  2. オオカミが風船の浮力で下から上昇し、その風船を弓矢で撃つ。オオカミが7匹上に到達すると、ゴンドラの上から岩が落ちてきてミス。最後に出てくる紫色のボスオオカミはガードが固い上、撃ち逃してしまうとオオカミの残数が5匹増えてしまう。
  3. ボーナスステージは肉でオオカミを落とす(オオカミは攻撃してこない)のと、ボスオオカミが投げるフルーツを射るの二種類。

オオカミには、弓矢でそのオオカミが着けている風船を狙撃するだけでなく肉による攻撃(投げられた肉に釣られたオオカミは風船から手を離して墜落する)も出来る。一撃必殺(ピンクのオオカミも)かつまとめて落とすことも可能だが、風船に阻まれる事もある。一部のボーナスステージではこれがテーマになっている。


移植版 編集

1982年と言う、初期のホビーパソコンが淘汰される前の作品であることから、PV-1000TRS-80 CoCo2といった機種への移植版も発売されている。

2007年6月26日よりWiiバーチャルコンソールで配信されている(要500Wiiポイント)

ファミコン版サウンド 編集

通常、ファミコンでは60分の1秒以上に早い周期での処理が不可能である。 しかしアーケード版のサウンドドライバーは300分の1秒で動いていたため、これを実現しないと、風船の割れる音が鳴らなかった。これを強引にファミコンで300分の1秒の処理を実現させている。 ファミコン時代後期になると60分の1以上に速い周期の処理ができるサウンドドライバーが開発されたが ファミコン時代初期からこのような処理を行っていたのはプーヤンだけである。

外部リンク 編集

it:Pooyan nl:Pooyan ru:Pooyan

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki