Fandom

コナミ Wiki

ハドソン

297このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

テンプレート:画像提供依頼 テンプレート:基礎情報 会社

株式会社ハドソンテンプレート:Lang-en-short)は、主にコンシューマーゲームなどのゲームソフトの開発・販売を行うコナミグループ企業である。

概要 編集

1973年5月札幌市豊平区にアマチュア無線ショップ「CQハドソン」(2000年頃閉店)としてスタート(当初は喫茶店を開業するつもりだったが、同一建物内で別の借り主が喫茶店を開業したため、急遽無線ショップに変更した)。当初は有限会社ハドソン、1984年株式会社に改組。創業者の米国への視察旅行を経てオリジナルのパソコンソフトウェアを制作・販売するようになった。1979年シャープの勧めでオリジナルソフトの通信販売を開始したところ爆発的な人気を呼び、日本を代表するソフトハウスへと成長する。

その後、任天堂家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ向けBASIC言語ファミリーベーシック」を共同開発したのを契機に、ファミリーコンピュータ用ゲームソフトを発売、同ゲーム機の初のサードパーティーとなった。以後は家庭用ゲーム機向けソフト開発が主業務となった。PCエンジンではファーストパーティー的な役割を果たしたが、ファミコン用ソフトの供給も続け、1994年発売の『高橋名人の冒険島IV』はファミコンソフト自体の最終作ともなった。その後も様々なプラットフォームにゲームソフトを供給している。

1980年代において、家庭用ゲームを牽引したソフト会社の一つであり、システム面の作りこみと難易度の高さが特徴だった。また、かつては同じ企業グループにあったブロッコリー製作アニメのスポンサーとなっていたことも多く、ブロッコリー関連のコンテンツも多かった。最近は着メロ着うた事業などにも参入している。

ゲームソフトだけでなく、シャープMZシリーズ、X1シリーズ用のBASICHu-BASIC)、X68000用のオペレーティングシステム(Human68k)、8bitゲーム機でアニメーション再生を可能にしたHu-VIDEOの開発、CPUの一種であるHuC62シリーズや、そのチップを使って設計された、PCエンジンPC-FXなどのハードウェア開発も行っており、高い技術力を持つ。最近ではシステムLSI「POEMS」を開発した。

社名の由来 編集

ハドソンの社名は、鉄道ファンでもあった創業者・工藤裕司が、国鉄C62形蒸気機関車のハドソン形という車軸配置から取ったものである。車軸配置4(先輪)-6(動輪)-4(従輪)を意味するが、この呼称はニューヨークセントラル鉄道ハドソン川沿いの線で、この車輪配置の機関車を走らせたことに由来する(車軸配置参照)。中でもC62の2号機(C62-2)が好きだったため、会社の代表電話番号の末尾4桁は4622になっており[1]、C62形の形式番号から取った「062」に郵便番号を合わせるため、本社をわざわざ北海道札幌市豊平区に置くというこだわりぶりだった。

かつて札幌芸術の森の隣接地にあった中央研究所の屋上には模型蒸気機関車(ライブスチーム)の線路が敷設され、専属のメカニックが配置されていたほか、研究所の大会議室ではテーブル中央に鉄道模型のジオラマが置かれC62の模型が走っていたほど。その模様はNHKスペシャル新・電子立国』でも取り上げられた。

工藤は日本大学理工学部在学中に、自ら撮影した蒸気機関車の写真を販売しており、その際に用いていた社名も「グループハドソンプロダクション」だった。本社の入口にもC62の部品が飾られている。

1988年1995年までC62ニセコ号を運行していた北海道鉄道文化協議会(通称:鉄文協)ではスポンサーの一社を務めていた。C62運行のスポンサーが集まらず、鉄文協がダメモトで「おたくの社名のハドソンというのは、C62の車軸配置の通称なんですよ。その縁で協力してもらえませんか?」と依頼したところ、そこで初めて工藤もC62好きであることを知り、二つ返事で協力に至った。ただし、桃太郎電鉄シリーズを除き、鉄道関連のゲームは現在に至るまで発売されていない。

社章 編集

社章で、「ハチ助」とも呼ばれている。ハドソンのゲームソフトにボーナスキャラ・隠れキャラとして古くから数多く登場している。由来は、北海道のアマチュア無線のエリア番号が「8(はち)」であるため、同音である「蜂」を採用したと言われている(当初は「CQハチ助」と呼ばれていた)[2]

コナミとの関係 編集

メインバンクだった北海道拓殖銀行の破綻により資金繰りが悪化。業績不振により、現在はコナミの子会社となっている(当時コナミは札幌にも開発所を設けていた)。2005年4月にコナミが第三者割当増資を引き受けたことにより、コナミの株式保有比率が50%を超えた。コナミグループの拠点集約の一環で、2007年以降は本社を東京ミッドタウンに置いている。また、2011年1月にコナミはハドソンを完全子会社化する事を発表し、2011年4月1日をもってコナミが株式交換方式でハドソンを完全子会社化した[3]
余談ではあるが、コナミがファミリーコンピュータサードパーティ参入前、プーヤンがハドソンの手により移植された。

事業拠点 編集

ファイル:Tokyo midtown tower cropped.jpg

2009年4月より、2本社体制となっている(登記上本店は東京本社)[4]。かつては、大阪名古屋福岡等にも事業所を設置していた。

  • 本社
東京都港区赤坂9丁目7番1号 ミッドタウン・タワー32階
  • 北海道本社
札幌市豊平区平岸三条5丁目4番22号 ハドソンビル
ハドソン創業の地であり、2005年に東京に本社を移転した時は札幌支社となるが、現在でもなお北海道に拠点があることから、2009年4月より北海道本社に改称。

沿革 編集

  • 1973年昭和48年)5月 - 工藤裕司兄弟が、札幌市豊平区にて「有限会社ハドソン」を設立。
  • 1975年(昭和50年) - パソコン用機器の販売を開始。
  • 1978年(昭和53年) - パソコンソフトの開発・販売を開始。
  • 1982年(昭和57年) - 東京事業所(東京都中央区築地)開設。
  • 1984年(昭和59年) - 株式会社に改組、ファミコン用ソフト・周辺機器の開発・販売を開始。
  • 1985年(昭和60年)
  • 1987年(昭和62年)
  • 1990年平成2年) - ゲームボーイ用ソフトの開発・販売を開始。
  • 1992年(平成4年) - スーパーファミコン用ソフトの開発・販売を開始。
  • 1994年(平成6年)5月 - 創業者兄弟の弟・工藤浩が代表取締役社長に就任。
  • 1999年(平成11年) - 東京事業所、新宿区市谷田町からかつてあった築地に再移転。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月 - 携帯電話向けゲーム配信サービスを開始。
    • 12月 - 大証ヘラクレスに上場。
  • 2001年(平成13年)8月 - コナミが筆頭株主となる。
  • 2004年(平成16年)11月 - 遠藤英俊が代表取締役社長に就任(創業者兄弟が経営から退く)。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月 - コナミの子会社となる。
    • 7月 - 本社を創業の地・札幌市豊平区から東京都中央区に移転する。
  • 2007年(平成19年) - 本社を東京都港区赤坂のミッドタウン・イーストに移転。
  • 2008年(平成20年) 6月 - 石塚通弘(元コナミデジタルエンタテインメント経営本部長)が代表取締役社長に就任。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月 - 札幌支社を北海道本社に改称。
    • 5月 - 東京本社を赤坂ミッドタウン・タワーに移転。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - コナミの完全子会社となる。上原和彦が代表取締役社長に就任する。

ハドソン全国キャラバン 編集

ハドソン全国キャラバン」とは、ハドソンが1985年から行っているゲーム大会のこと。

最大の特徴は「キャラバン」の名にふさわしく、北海道から沖縄まで全国各地を巡業するイベントということである。各都道府県政令指定都市にとどまらず他の都市でも行われる(最大は第2回の40都道府県・65会場)など、非常に大規模なイベントであった。

  • 1985年 - 1997年のキャラバンでは毎回「公式ソフト」としてハドソン製のゲームソフトが1本製作され、そのゲームを用いた大会が行われた。
  • 1990年 - 1992年の3回は「ワールドカップ」として、会場を日本だけでなく海外にも拡大した。
  • 1998年 - 2000年の3回はコンピュータゲームではなくカードゲームの大会が行われ、2000年をもっていったん「キャラバン」の名を冠したイベントは終了した。

Jリーグ 編集

Jリーグコンサドーレ札幌のオフィシャルパートナーだった。JFL時代の1996年から1997年までユニフォームの胸に会社ロゴが描かれていた。Jリーグ入りした1998年からスポンサー活動を縮小し、現在は行っていない。

製品 編集

家庭用ゲーム機 編集

日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)との共同開発。

ゲーム作品 編集

周辺機器 編集

ゲームコントローラー
  • ハドソンジョイスティックFC用、1985年、定価3,500円、黄色) - スティック型。
  • ジョイカード(FC用、赤) - 色は、任天堂純正コントローラー色と同じ。連射コントローラー
  • ジョイカードMK.2(FC用、1986年6月、定価1,980円、赤) - 15連射コントローラー
    • ジョイカードMK.2 ヘクター'87バージョン(1987年、1,980円) 
    • ジョイカードMK.2 サンスイバージョン1(1990年、定価2,980円)
    • ジョイカードMK.2 サンスイバージョン2(定価2,980円)
    • ジョイカード サンスイSSS(定価2,980円、灰色) - イヤホン出力端子もある15連射コントローラー。
    • ジョイカードmkⅡ(透明色、非売品) - Bugってハニーの懸賞品。ゲーム内のパスワードを応募。
  • ジョイカード(MSX用) - 色は、灰色。
  • ジョイカード スーパーX(MSX、X1X68000用)
  • ジョイカード スーパーII(MSX用)
  • スーパージョイカード(SFC用、1991年、定価2,980円)
  • ジョイカード64(N64用)
    • ジョイカード64 J(N64用、緑色) - Jリーグ イレブンビート1997の懸賞品。応募券を送ると抽選で1000名に当選。
    • ジョイカード64 P(N64用、青色) - パワーリーグ64の懸賞品。応募券を送ると抽選で1000名に当選。
  • SBOMジョイカード(SS用)
外部記憶装置
  • 天の声 バンク(PCE用、1991年9月6日、定価3,880円) - HuCARD型の外部記憶カード。
  • 天の声2 (PCE用、1989年8月8日、定価2,600円)- PCエンジン本体に接続する外部記憶ユニット。
その他
  • ファミコンシステムラック(FC用、1,500円)
    ファミコン本体とディスクシステムを固定するラック。

その他の商品 編集

提供番組 編集

(★は筆頭提供番組、いずれも複数社提供)

現在

テンプレート:節stub

過去

ほか

提供番組における補足 編集

  • 『Bugってハニー』などの筆頭提供番組における提供読みは『キミたちのいい脇役になりたいな。HUDSON SOFT』で、クレジットは白バックに「提供」の文字の下にカラーの「ハチ助」が大きく表示され、その下に『キミたちのいい脇役になりたいな。(改行)テンプレート:Smaller(改行)HUDSON SOFT』と表示されていた。
  • 『高橋名人の面白ランド』では映像をバックに黒の縁取りに白文字で『提供(改行、ハチ助、改行)テンプレート:Smaller(改行)HUDSON SOFT』とだけ表示していた。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ニコニコ動画内「ゲッチャ」高橋名人世代、2011年1月5日放送分の2分30秒頃から
  2. ニコニコ動画内「ゲッチャ」高橋名人世代、2011年1月5日放送分の5分頃から
  3. テンプレート:PDFlink(2011.01.20)
  4. テンプレート:PDFlink(2009.02.04)

外部リンク編集

ca:Hudson Soft de:Hudson Softfi:Hudson Soft fr:Hudson Soft it:Hudson Soft nl:Hudson Soft no:Hudson Soft pl:Hudson Soft pt:Hudson Soft ru:Hudson Soft sv:Hudson Soft

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia