Fandom

コナミ Wiki

スーパーコブラ

297このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
スーパーコブラ
ジャンル 横スクロールシューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 コナミ(→コナミデジタルエンタテイメント
発売元 コナミ(→コナミデジタルエンタテイメント
人数 1-2人(交互)
発売日 1981年
  

スーパーコブラ』(英:Super Cobra)は、1981年に当時のコナミ2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテイメントに移行)が発表した業務用の縦画面横スクロールシューティングゲームで、同年に発売された『スクランブル』の続編でもある。

概要 編集

スクランブル (ゲーム)」も参照

地形への衝突を避けつつ敵基地を目指すことや、自機の燃料積載量に限りがあるため補給しないと墜落する点など、基本的には『スクランブル』のゲームシステムを踏襲しているが、自機がヘリコプターであることと区画数が前作の6区画から10区画(+最終基地)に増えていること、区画間でファンファーレが流れること、最終目的が宝物の奪還であることなどの違いが存在する。

  • ステージ1 - ロケットや機関銃砲台、山で構成される面
  • ステージ2 - ロケットがより小型の「ホッピングロケット」になっている以外はステージ1と同じ
  • ステージ3 - エイリアンの赤い宇宙船が登場する面
  • ステージ4 - 山の地形にエイリアン船が登場する面
  • ステージ5 - 上側の地形から結晶が降ってくる面
  • ステージ6 - 可動式機関銃砲台から攻撃される面
  • ステージ7 - 隕石地帯、隕石が自機を追跡してくる面
  • ステージ8 - 前作と同じエイリアン船が攻撃してくる面
  • ステージ9 - 建物の間をホッピングロケットが飛び交う面
  • ステージ10 - 地下基地の面、燃料タンクは長い横並びになっている
  • ステージ11 - 建物と障害物が入り乱れる面、戦利品として"$"を回収する

ステージ11をクリアすると自機が1機追加され、難度が上がってステージ1からの繰り返しとなる。 前作よりもさらに難易度が上がっており、少しのミスによりクリアが困難になる。ただし前作と異なりコンティニュー機能が搭載されているため、クレジットを追加すればゲームが続けられるようになっている。

ステージクリアの際に流れるファンファーレは、合唱曲として知られている「いざ起て戦人よ」のメロディの一節が使用されている。

移植 編集

関連項目 編集

  • 沙羅曼蛇2 - 本作と同名の「スーパーコブラ」が2Pキャラとして登場する(前作ではロードブリティッシュだった)。本作のプレイヤー機体がヘリコプター型であるのに対し、戦闘機型になっている。コブラと呼ばれる戦闘機(おそらく大気圏内用戦闘機だと思われる)をベースに超時空戦闘機に改修した機体という設定で、パッケージ等のイラストではビックバイパーとほぼ同一のデザインとして描かれているが、ゲーム中ではロードブリティッシュにより近いデザインとなっている。

外部リンク 編集


テンプレート:Video-game-stubfr:Super Cobra pt:Super Cobra

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki