FANDOM


サーカスチャーリー
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
MSX
ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 コナミ
発売元 コナミ
[FC]ソフトプロ
人数 1~2人
メディア [MSX]ロムカセット
[FC]ロムカセット
発売日 [AC]1984年
[MSX]1984年7月
[FC]1986年3月4日
価格 [MSX]4,800円
[FC]4,900円
  

サーカスチャーリー』(CIRCUS CHARLIE)とは1984年コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)からアーケードゲームとして発売されたアクションゲームである。

解説 編集

サーカスを舞台とした右スクロールアクションゲームで、プレイヤーはピエロのチャーリーを操作し複数用意された演目をこなしていく。チャーリーの動作は左右への移動とジャンプのみとごく単純だが、このゲームではジャンプのタイミングに重点が置かれており難易度はやや高い。演目に失敗すると解雇される(=ゲームオーバー)こととなる。

家庭用ゲーム機へも移植され日本国内では1984年7月にコナミよりMSX版が、1986年3月4日にはソフトプロよりファミリーコンピュータ版が発売された。また1999年5月13日には『コナミ80'sアーケードギャラリー』に、2007年3月15日には『コナミ アーケード コレクション』にそれぞれアーケード版が収録された(後者はステージ選択不可)。

ファミコンおよびMSXの家庭用版音楽はフランク・W・ミーチャムの『アメリカン・パトロール』が一部使用されている。

ステージ構成 編集

全6ステージ+おまけステージ(家庭用版はおまけステージなしの全5ステージ)。演目はゲームスタート時に水上トランポリン以外の面を自由に選択する事ができる(FC版は不可、アーケード版も出来ないバージョンがある)。  

火の輪くぐり
大きい火の輪をバックジャンプすると、1UPアイテム出現(1回のみ)。ノーミスで小さい火の輪の$袋を全回収でクリア時ボーナス。火の置物をバックジャンプすると1度だけコイン出現。
綱渡り
猿を2匹同時に飛び越えると+1000pts。3匹同時に飛び越えると+2000pts。
トランポリン
ノーミスで$袋を全回収でクリア時ボーナス。家庭用版ではこのステージはカットされている。
玉乗り
玉を1つ飛ばして飛び越えると500pts。
曲乗り
連続して跳び続けると点数は倍々になっていく。小さい、あるいは高いジャンプ台は点数が高い。速度が通常のときと比べて、低速走行時は点数が半分、高速走行時は2倍となる。
空中ブランコ
1つのブランコにぶら下がっていられる回数はない(ただし、アーケード版の場合、一往復するごとに、ブランコを支えるヒモの部分が、一つずつ、上から色が変わっていき、一番下まで色か変わると、プレイヤーは下に落とされてしまうため、往復しているうちに、飛び移らなければならない。ブランコに乗っていられる回数は、ヒモの長さによる)。トランポリンを使用して移動するとボーナス。ブランコを1つ飛ばすと5000ptsが得られるが非常に危険。
水上トランポリン
トランポリンと似ているが、行く手をさえぎるのが人ではなく、イルカとなり、水上から飛び出してプレイヤーの進路を妨害するようになる。ノーミスでクリアしても、ボーナスポイントは入らない。
2周目以降トランポリンを偶数回選ぶと出現。イルカが飛び回る水上トランポリンのステージが強制で出現する。家庭用版ではこのステージはカットされている。

全面クリア後のプレイについて 編集

  • 全面クリア後の選択ゲーム画面
    • アーケード版の場合、最初から六場面のいずれかを選択できるバージョンと、選択できないバージョンとに分かれている。ただし、選択出来ないバージョンでも、空中ブランコをクリアすると、好きな場面を選択可能になり、プレイヤーが得意とする場面を選択して得点を稼ぐことが可能となる。
    • 各画面とも、繰り返し選択してプレイするごとに、難易度が上がるが、同一場面を選択可能な回数は、六回に限られている。それもクリアすると、その画面は、「NO MORE」と表示されるようになり、他の場面を選択しなければならない。

隠しフィーチャー 編集

  • 火の輪くぐり
    • スタート時点でレバーを左に入れたまま3回ジャンプしてから進むと、チャーリーがぶら下がって出現する。それを取ると1人増える。
    • ノーミスでドル袋を全て取ってゴールするとスペシャルボーナス。
    • 火壺の中の1つを後ろジャンプで飛び越すと、壺からボーナスコインが飛び出る。
    • 火の輪のドル袋を取った後に後退し、その火の輪を画面右外に出すと取ったはずのドル袋が復活する。これを繰り返して少しだけ5,000点稼ぎが可能。
  • 綱渡り
    • ゴール真下から歩いて前進すると隠れドル袋が出て、取ると5,000点。
    • ジャンプが全て垂直だとクリア時に1人増える。(前章の2匹以上同時飛び越えとは両立しえないボーナスである)
  • トランポリン
    • ドル袋を全て取ってゴールするとスペシャルボーナス(何度ミスしても良い)。
  • 曲乗り
    • 1つ乗って1つ飛び越すのを繰り返してゴールすると1人増える。但し、難度は非常に高い。

関連作品 編集

  • 2002年3月14日には携帯電話アプリとして、「火の輪くぐり」「空中ブランコ」の配信が開始された(現在は配信終了)。
  • 2002年4月18日にコナミより発売された『ときめきメモリアル2 ミュージックビデオクリップ サーカスで逢いましょう』はサーカスを題材としたアクションゲーム集であったため、『サーカスチャーリー』との関連性が指摘された。

テンプレート:Video-game-stubgl:Circus Charlie it:Circus Charlie ru:Circus Charlie

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki