FANDOM


テンプレート:基礎情報 会社 株式会社コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment Co., Ltd. 略称 KDE)はコンピュータゲームキャラクターグッズの開発・販売や書籍の出版などを行う日本の企業である。

コナミグループの再編に伴い誕生した新設子会社で、純粋持株会社となったコナミの、ゲームメーカー・おもちゃメーカー・出版社としての事業をそのまま引き継ぐ形で設立された。営業活動を行う際のブランドはアルファベット表記の「KONAMI」を使用している。

沿革 編集

所在地編集

事業領域編集

2005年のコナミグループの再編時に社内カンパニー制を導入し、コナミデジタルエンタテインメントに分社されてからも継承されている。

  • ゲームソフトカンパニー
家庭用ゲームソフト・パソコンソフトの開発・販売
  • トイ&ホビーカンパニー
フィギュアトレーディングカード・キャラクターグッズなどの開発・販売、グッズショップ「こなみるく」の運営
  • アミューズメントカンパニー
アーケードゲームの開発・生産・販売、e-AMUSEMENTシステムの運営
  • オンラインカンパニー
オンラインゲーム・携帯電話など、ネットワークコンテンツの開発・運営
  • マルチメディアカンパニー
CD・DVDなど映像・音楽コンテンツの制作・販売、書籍・雑誌など出版物の刊行

主な商品・サービス編集

コナミデジタルエンタテインメント発売の製品一覧」も参照

コナミデジタルエンタテインメント設立以前の、持株会社以前のコナミ及びその子会社・関連会社(現存しない会社を含む)によって開発、または、販売された商品・サービスについて全てに関する諸権利は、全てコナミデジタルエンタテインメントが承継している。

ゲーム作品については、商品パッケージ(アーケードゲームでは筐体看板)にプロデューサー名が記されている。

最古のゲーム作品としてはメダルゲームピカデリーサーカス』がデビュー作で、テレビゲームとしては『ブロックくずし』のコピーゲーム『ブロックヤード』を振り出しに、『スペースインベーダー』のコピーゲーム『スペースキング』などを出していた。オリジナルテレビゲームは『スペースウォー』から。

社内プロダクション編集

2005年のグループ再編までにはコナミコンピュータエンタテインメントとしてゲーム開発専業の子会社が存在した。それら子会社の中の、特定の作品・シリーズを開発するチームは「社内プロダクション」として独立した権限を与えられ、独自のブランドを構築していた。

子会社がコナミに統合され、更にコナミデジタルエンタテインメントへゲーム事業が移行された後も、それら社内プロダクションのいくつかは存続し、現在に至っている。

KDE設立後も存続している社内プロダクション編集

KDE設立後に設立された社内プロダクション編集

かつて存在した社内プロダクション編集

外部リンク 編集

テンプレート:Company-stub テンプレート:Video-game-stubzh:科樂美數位娛樂

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki