FANDOM


コナミのピンポン
ジャンル 卓球
対応機種 MSXアーケード
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1~2人(対戦)
メディア [MSX]ROM
発売日 [MSX]1985年5月
  

コナミのピンポン』(KONAMI's PING-PONG)はコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から1985年に発売された卓球をモチーフにしたコンピュータゲームMSXアーケードゲームでほぼ同時期に発売された。

概要 編集

プレイヤーは手首とラケットのみが表示され、その他の部分は全て省略されている。ボールの軌道や効果音などはPSGながら性能の限られた当時のハード上でリアルに再現されている。また、ラケットの左右移動は自由に行われるため、タイミングさえ合えば比較的簡単にラリーの応酬が続けられる。上手くスマッシュが決まると拍手や口笛が飛ぶ。地味ながら、上手く作られた卓球ゲーム。2人プレイも可能。

タイトル画面と観客席には『けっきょく南極大冒険』のペンギンが登場している。

ファミコンディスクシステムには『スマッシュピンポン』とタイトルを変更して移植された(開発はコナミだが、発売元は任天堂1987年5月30日に発売)。タイトルのペンギンはディスくん(ディスクシステムのマスコットキャラ)に、観客席のペンギンはドンキーコングに変更されている。また、ゲーム中にディスくんのダンスが見られる。

MSX版は『コナミアンティークスMSXコレクション』(プレイステーションセガサターンプレイステーション・ポータブルゲームアーカイブス)にも収録されているほか、2006年よりI-revoにおいても配信されている。スマッシュピンポンはWiiバーチャルコンソール2008年11月25日より配信されている。

関連項目 編集

以下、リダイレクトページ「スマッシュピンポン」に関するカテゴリ。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki