FANDOM


エキサイティングベースボール
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1~2人
メディア [FC]ディスクカード1枚組(両面)
発売日 1987年12月8日
価格 2980円
  

エキサイティングベースボール』は、1987年12月8日コナミ[1]より発売された、野球を題材にしたファミリーコンピュータ ディスクシステム向けゲームソフト

前年12月にリリースされた『プロ野球ファミリースタジアム』(以下、『ファミスタ』)のヒットにより、野球ゲームが多くリリースされたが、これもその中の一つ。のちに『実況パワフルプロ野球』シリーズでジャンルを席巻する、コナミの家庭用ゲーム機初の野球ゲーム[2]であり、ディスクシステムの野球ゲームではベースボール(カセット版からの移植)があったものの、ディスクシステムのオリジナル作品としても初めてのゲームとなった。チームエディット機能が搭載されそれをセーブ可能という、ディスクシステムというプラットホームを生かした機能もあった。

同時期(1980年代後半)に出た野球ゲーム(『ファミスタ』、『燃えろ!!プロ野球』、『究極ハリキリスタジアム』、『ベストプレープロ野球』等)の続編が制作される中、エキサイティングベースボールの続編は制作されなかった。

エディットチームで戦うモードでは、20チームあるオリジナルチーム(モンスターや、寿司のネタ、よくある人の名前など)から3勝して、さらに、プロの12チームから2勝しなければ優勝できない長丁場である。また、エディットチーム同士でトレードもできた。

脚注 編集

  1. 発売当時の著作権はコナミに存在したが、2006年3月31日付けの持株会社化に伴い、新設子会社のコナミデジタルエンタテインメントへ移行した。
  2. 家庭用ゲーム機以外では、1985年1月発売の『コナミのベースボール』(MSX用ソフト)がある。

関連項目 編集

テンプレート:Video-game-stubfr:Exciting_Baseball

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki