FANDOM


イー・アル・カンフー
ジャンル アクションゲーム対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード[AC]
ファミリーコンピュータ[FC]
MSX
プレイステーション2[PS2]
Xbox 360[360]
Wii(バーチャルコンソール)
開発元 コナミ
M2[PS2]
コナミデジタルエンタテインメント[360]
発売元 コナミ
コナミデジタルエンタテインメント[360]
人数 1-2人(交互)
メディア [FC]192Kbitカセット
[MSX]カセット
[PS2]CD-ROM1枚
[360]ダウンロード販売
発売日 [AC]1985年
[FC]1985年4月22日
[MSX]1985年
[PS2]2005年10月27日
[360]2007年7月18日
[Wii]2008年1月8日
  

イー・アル・カンフー』(Yie Ar Kung-Fu)は、1985年に当時のコナミ2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテイメントに移行)から発売されたアーケードゲームである。対戦型格闘ゲームアクションゲーム)。

ファミコン版やMSX版は、アーケード版とはBGMやステージ・敵キャラクターの数や種類が異なる。

概説 編集

プレイヤーは主人公(アーケード版では「ウーロン(Oolong)」、ファミコン版・MSX版では「リー(Lee)」)を操って、様々な武器や体術を使う格闘家(チャーハン一族)と戦う。敵はアーケード版では11人、ファミコン版・MSX版では5人おり、間合いや攻撃法が異なる。

レバーを入れる方向(8方向)とパンチ、蹴りボタンの組み合わせによって16種類の技を使い分けるシステムになっているが、アーケード版ではレバーがどの方向に入っているのかを主人公キャラクターの下の矢印で表示する。相手に勝つと残った体力の分だけボーナスが入り、さらにノーダメージで勝つとパーフェクトボーナスとして通算対戦相手数×10000の点数が加算される(但し、100000点まで)。

MSXでは、続編として『イーガー皇帝の逆襲』が発売されている。作曲はアルバイト時代のMIKI-CHANG(東野美紀)で、後のコナミ作品『セクシーパロディウス』の竜宮ステージBGMや『KEYBOARDMANIA 3rdMIX』の「EE-AL-K」などアレンジされて使用されている。

編集

登場順。

アーケード版 編集

Buchu(ブチュ)
色黒の大男で、飛び跳ねながらフライングボディアタックを仕掛けてくる。大きいが動きは遅く、武器は使わない。
Star(スター)
ピンクの装束をまとったシニヨン頭の少女で、手裏剣を使ってウーロンの足止めをしつつ、素早いパンチやキックで攻撃してくる。
Nuncha(ヌンチャ)
黄色い道着を着たヌンチャク使いで、ヌンチャクで動きを封じてくる。
Pole(ポール)
背の低い棒術使いで、棒はかつてウーロンが使っていたものである。さらに、この棒を利用して助走を付けて高く飛び跳ねる動きもしてくる。
Feedle(フィードル)
分身の術を使い左右から次々と現れるが、攻撃が一発当たるとその分身を撃退できる。
Chain(チェイン)
篭手を付けてウーロンを待ち構えている。鉤付きの鎖で攻撃してくる大男。
Club(クラブ)
棍棒使いの大男で、右腕の盾を使ってウーロンの攻撃を防いでくる。
Fan(ファン)
チャイナドレスを身に付けた女性で、スターよりも女性的な風貌。羽毛のように落下する、鉄製の扇を手裏剣のように投げてくるが、めったに攻撃はしてこない。
Sword(ソード)
中国刀使いで、空中を舞いながらウーロンを急襲しようと待ち構えている。
Tonfun(トンフン)
1対のトンファーと素早い動きで攻撃する。
Blues(ブルース)
ウーロンが拳法着を脱いだような姿である。なお海外で発売されたBBC Micro版では登場せず、フィードルとの再戦である。ブルースを倒すと2周目が始まり、再びブチュとの対戦になる。

ファミコン版・MSX版 編集

Wang(ワン)
棒術使いだが、ポールとは異なり助走を付けて高跳びはしてこない。
Tao(タオ)
スターと同じような動きで火の玉を吹いてくる。
Chen(チン)
チェーンとほぼ同じ動きをしてくる。ワンショルダーの服を着て、ヒゲを生やしている。
Lang(ラン)
スターとほぼ同じ外見と動きだが、手裏剣攻撃などの動作がより素早くなっている。
Mu(ウー) 
肌の色が白くなっている(ファミコン版のみ)以外はブチュと同じような動きをしてくる。ただしウーは垂直に跳び上がることもできるため、攻撃パターンが変わっている。

チンを倒した後は、リーを目掛けて飛んでくる物体を破壊するという内容の得点を稼げるボーナス面である。

ゲームボーイアドバンス版 編集

コナミアーケードゲームコレクション』がアーケード版を収録し、隠しキャラクターとして2人が追加されている。2人同時プレイモードでも使用できる。

Bishoo(ビショウ)
白い服を着た女性で、短剣を使って攻撃する。
Clayman(クレイマン)
生きている像で、ソードよりもさらに大きい剣を使って攻撃する。

移植 編集

アーケード版
ファミコン、MSX版

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stubde:Yie Ar Kung-Fufr:Yie Ar Kung-Fu it:Yie Ar Kung-Fu nl:Yie Ar Kung-Fu no:Yie Ar Kung-Fu pt:Yie-Ar Kung Fu ru:Yie Ar Kung-Fu sv:Yie Ar Kung-Fu

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki